スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

1回目のワクチン

11月23日 誕生43日目。体重は1900gを超えた。顔もだいぶ白くなってきて、くしゃくしゃな感じがかわいい!弟夫婦の送ってくれるメールの写真です。
今日は1回目のワクチンに連れていってくれて、検便も。異常なしということなので一安心。獣医さんの「今日は安静に」はとても無理な今日の元気ッ子礼音でした。
来週には会いに行くからね!
43日第1回ワクチン
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ようやく1ヶ月

11月10日 1ヶ月目。ママルンちゃんと。
ケージから出て小走りしたり、丸めた靴下をおもちゃにしたり、
色々なものに噛みついたりしているらしい。
1ヶ月ママと

好奇心いっぱい!じっとなんてしていられない!
プロフィル


これはママルンちゃんがちびちゃんだった時の写真。礼音に似ているかしら。
ちびまま

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

ママといっしょにすやすや

10月24日 生後2週間。ママ犬ルンちゃんはまだ産後の疲れから回復できてない様子。
でも親子とも安心して眠っている。
1024いっしょにすやすや
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

初めての対面

10月14日 生後4日目。丸まって眠っている。
1014まるまって

10月16日 生後6日目の写真。2日前に断尾と狼爪処理をしてもらった。
1016断尾


10月27日1050g  初めての対面! 生後17日目。
1027初対面


(体重があまりに急成長過ぎるのではと、心配性の弟夫婦はクリニックに
相談したとか。ありがとう!)
かわいい!これがほんとにあのワイアの姿に育つのだろうか。母犬を
見ていなかったら疑いそう。
ほとんど眠っている。ワンとクーの間のような小さなか細い鳴き声を
たまに出す。ケージの隅の方へとヨチヨチ歩いていく。
母犬のルンは産後しばらくは母性本能全開状態だったようだが、今日は
もうそっけない様子も。犬の親ばなれは思うより早いらしい。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

名前ようやく礼音(れのん)に決定

なかなか決まらなかった名前だが、ひとり暮らしをしているムスメに
命名権を渡した。ワーカホリックで実家にはなかなかもどって来ない
けれど家族だし。
母犬のルンちゃんが「ル」から始まるので「レ」からはじまるように!
音楽を感じさせるように!
などなど…。親のリクエストを十分果たして、10月17日お七夜に
礼音(れのん)と決定。
今年は夫が珍しく入院手術をしたが、長年の飲酒生活運動不足生活も
影響しているかもしれない。
礼音(れのん)、早く大きくなっていっしょに走りまわってね!

1017meimei

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

元気で誕生!

10月10日  am3:40誕生!  メス
予定日は10月7日頃と聞いていたので5日頃から落ち着かないきもち。
“無事に産まれてくれるといいねぇ”と何度言ったやら。
夜遅く朝遅い我が家を気遣って、10月10日、朝8時に携帯メール&写真がきた。
“きたきた! 産まれたよ! ”
ママルンちゃん初産お疲れさま! 一人っ子でした。
10月10日 237g
10月11日 266g
10月14日 379g
10月20日 672g
10月24日 目が開く 

誕生
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

犬のある生活 3rd step

9月20日、予期せぬ弟からの1本のメール。
> お姉さんのところに、養子に出すつもりですので、
> もしよかったら、養母になりませんか?
> 出産予定日は、10月7日あたりで、エコーでは、一頭いることが、
> 確認されました。(普通4~6頭だそうです。)
> 兄貴は、反対するかもしれませんが、飼ってしまえば、
> 家族です。(そこのところ強調です。)

えっ! 本当!
犬が飼いたくなってからというもの、夫の機嫌の良い日を見計らって、
“犬がいるって楽しそうだわ”と言ってみたりしていたのだ。
返ってくるのは、“かんべんしてくれよ!”“無理!”
どう説得しよう。

先ほどの弟のメールにはもうひとつこんなことが書いてあった。
> なお、9月号の「愛犬の友」(誠文堂新光社刊)にテリアの特集記事が
> 掲載されています。「これが、テリア魂!!」
> なかなかあっぱれな記事で、もし機会があれば、
> 本屋さんで、立ち読みして見てください。
> (私は、わくわくして、読みました。)
なんという偶然! 犬を飼いたいと相談した相手は、この記事を渾身取材
した人だった!
これは運命! ご縁! もう流れは決まったようなものだ!
1週間の「検討(=洗脳?)期間」を経て、夫は犬の本を買い始め
ペットショップをのぞき始めた。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

犬のある生活 2nd step

やはり諦めるしか…とさらに未練たらしく言うと、
> くぅぅぅん・・・という感じですが、もちろん不可能ではないんですよ。
> たとえば、オフィスが犬OKでしたら、会社に連れて行ってあげれば、
> かなり気がまぎれるはずですし。
> 最初の2週間~1カ月はやはり誰かが常に見守ってあげていただき
> たいのですが、そうした体制をご家族で整えてあげて、後はできるだけ
> お留守番の時間を短くする工夫を・・・って、やっぱり大変ですよね。
> それに、初めてお迎えになる犬(ですよね?)としては、やっぱり
> フォックス・テリアは、「ぜひフォックスを飼いたい!」という勢いが
> ないと相当大変かもです。
とメールが返ってきました。
!!!!勢いはどんどん増していき、“可能かも!”
と思う気持ちがむくむくと起きてきたのです。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

犬のある生活 1st step

ワイア・フォックス・テリアを飼っている弟夫婦に、子犬が生まれたら
飼いませんかと言われたことがあった。
どんな犬種?と調べてみて、顔かたちはすごく気に入った。
しかし自分たちには縁のないものと思っていた。それが、半年くらい前から
俄に、感心も関係もないと思っていた犬が飼いたくなってきた。
理由はいくつかあるけれど、犬を飼っているしあわせな人に次々と何人も
出会ったことがいちばん大きい。
米原万里さんの著作も大きかった。
このまま犬のいない生活をおくるのは“ちょっとおしい”気持になってきた。
私たち夫婦は合計年齢***歳。フルタイムの共働き自営業。
仕事が一段落しなければ夜中まで帰宅できないこともある。
職場と自宅は7キロくらいの距離があり、電車利用で door to door 30分。
この歳から飼えるものかと相談した人に、
> 年齢というより、ライフスタイルとのマッチングの問題だと思います。
> どんな犬を飼う場合でも、犬のためにある程度生活を変えるおつも
> りがないと(というか、おのずと変わっちゃうんですけれどね・・笑)。”
と言われたのです。
思えばわがままに生きてきた幾年月! 
今さら変えることができるのだろうか?
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |
| ホーム |

プロフィール

ガラ夫人

Author:ガラ夫人
ワイアーフォックステリア
なまえは礼音(れのん)
2007年10月10日
am3:40誕生
おんなのこ
高輪あたりに出没してます

*script by KT*

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

WFT ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。